たにぐち ふさこ

たにぐち ふさこ
FUSAKO TANIGUCHI

Lesson Title
レッスンタイトル

みんなで楽しむハンディキャップヨガ

“Yoga is for everyone.” ヨガは誰にとっても大切なものを届けてくれる知恵。 体の硬さ、年齢、ハンデの有無に関わらず、みんなとともに心地よく過ごすことをテーマにしたヨガクラス。車いすでのご来場も歓迎です。京都のみやこメッセにみんなで大集合して生きる喜びを感じましょう。

Time
レッスン時間

13:00〜14:00

Profile
プロフィール

京都生まれ京都育ち。学生時代に自身のケガを通じてリハビリテーションに触れ、自らの経験を通じてヒトと関わる職業を志し、2011年より理学療法士として大阪の病院で勤務。老若男女、様々な病気や障がいと闘う人々のリハビリテーションに関わる。自分自身の心身を整える目的で自らヨガの学びを深め、RYT200取得。“Yoga is for everyone.” ヨガは誰にとっても大切なものを届けてくれる知恵と伝える峯岸氏のもとでハンディキャップヨガに出逢い、老若男女問わず、障がいの有無に関わらずみんながここちよく楽しめるヨガを施設や教育現場等で伝えている。

3 Questions
3つの質問

・今の世界でヨガはなぜ必要だと思いますか

日々めまぐるしく情報が行き交い、創られたモノに囲まれた環境に身をゆだねていると自分自身の五感を操作され、自分自身の根底の意識に気付きをもてなくなる瞬間が多く繰り返されるように感じます。ひとりひとりが自身の命を受け入れ、ありのままのからだやこころの声と向き合い、日々の生命の働きかけに感謝することで自分にも身のまわりのすべてに「生きる」歓びを感じるひとときを分かち合うことが今の世界には必要だと思います。

・ヨガを教えていて一番価値があると思うことはなんですか

ヨガを伝える中で1人1人が自分に向き合い、普段出会うことのない自分自身のありのままの姿に出逢うこと。その空間を共にしている仲間が誰とでも仲良くなれ、心地よさを感じて思わず笑顔がぽっと浮かぶ瞬間。自分、そして身のまわりのすべてのヒトやモノ、空間の優しさに気付く時間。

・今までヨガをしたことがない人へメッセージ

ヨガは誰のものでもなく、難しいものでもありません。いつの間にか身体が硬いと出来ない、ポーズがきれいにとれなければ出来ないなどイメージが先行してしまいやすくなっています。今、その時の自分のからだとこころに向き合うために誰もが取り組めるものです。日々、無意識に行っている生きる活動”呼吸”に目を向け、自分自身で呼吸のその先にあるこらだとこころを五感すべてを使って感じるひとときを持ちませんか?

所属/Affiliation

HanaHanaYoga

ヨガスタイル/Yoga Style

老若男女問わず、障がいの有無に関わらずみんながここちよく楽しめるヨガ

言語/Language

日本語