国連で正式に認められた 〜ヨガを愛する世界的記念日〜

国際ヨガDAYとは


2014年12月11日、国連はインドのナレンドラ・モディ首相の提案を受けて、6月21日を「国際ヨガの日」とすることを177カ国の賛成をもって正式に採択。この日をヨガの恩恵について認識を高める機会とするとともに、世界中の人々一人ひとりが自分自身の体と心を見直す日とされたのです。

モディ首相は国連総会のスピーチにおいて「ヨガは古代インドの伝統からのかけがえのない贈り物だ。心身の統合を具現化する。運動というだけでなく、あなた方自身と世界、自然の調和の感覚を発見させるものだ」と訴えました。すでに多くの人々がヨガの実践による心身の健康増進を実感されているように、ヨガとは単なるポーズ(アーサナ)ではなく「ストレスをとりのぞき、心身の調和と統合的な健康を育む有効なメソッド」として国際的に認証されたのです。


192カ国、その日、世界はヨガ一色に染まる

名実ともに世界共通の記念日となった「国際ヨガDAY」。

第1回目となる2015年6月21日「国際ヨガの日」には、ヨガ発祥の地インドの首都デリーで行われた3 万5000人以上が集う大規模イベントを皮切りに、アメリカやヨーロッパ、中南米、アジアなど世界192カ国、3000会場以上で記念イベントが開催され、500万人以上もの人々がヨガに親しみました。さらに年を重ねるごとにスケールが拡大され、ヨガの魅力と恩恵に包まれるインターナショナルな記念日として、感謝の輪は地球規模で広がっています。ヨガとはサンスクリット語で「繋ぐ・結ぶ」を意味するとおり、世界中の人々がヨガで繋がり、ヨガによって世界が平和の輪で結ばれる日になることを祈ります。

国際ヨガDAY in 関西 2018年は神戸メリケンパークにて開催

日本国内でも「国際ヨガDAY」は年々、全国規模の盛り上がりを見せています。関西エリアでは、2016年に大阪城天守閣を望む西の丸庭園で、昨年は京都の平安神宮参道前にて「1000人ヨガ」を開催。たくさんの方にご参加いただき、世界中がヨガで繋がる瞬間を皆さんで一緒に祝うことができました。

今年は神戸へと舞台を移し、神戸のランドマークである”メリケンパーク"にて「1000人ヨガ」を、そして「つなぐ」をテーマとしたインドとヨガにまつわるイベントレッスンやステージプログラム、食や雑貨の出展をお楽しみいただけます。心身を健やかに保ち、人生や生活の質を高める気づきをもたらしてくれるヨガ。「国際ヨガDAY」を自分自身を見つめ直すきっかけにしてみてはいかがでしょう。