2019年ついに古都奈良「平城宮跡 朱雀門広場」にて開催

国際ヨガDAY関西 in 奈良

日本国内でも「国際ヨガDAY」は年々、全国規模の盛り上がりを見せています。関西エリアでは、2016年に大阪城天守閣を望む西の丸庭園で、2017年は京都の平安神宮参道前にて「1000人ヨガ」を開催。たくさんの方にご参加いただき、世界中がヨガで繋がる瞬間を皆さんで一緒に祝うことができました。

 

今年は奈良へと舞台を移し、奈良の歴史ある”朱雀門"にて「1000人ヨガ」を、そして「つなぐ」をテーマとしたインドとヨガにまつわるイベントレッスンやステージプログラム、ヨガグッズの販売などの出展もお楽しみいただけます。心身を健やかに保ち、人生や生活の質を高める気づきをもたらしてくれるヨガ。「国際ヨガDAY」を自分自身を見つめ直すきっかけにしてみてはいかがでしょう。

国際ヨガDAYとは

2014年にインドのモディ首相が提唱した「国際ヨガ DAY」とは、国連で177ヶ国の賛成により制定されたヨガの恩恵を広める日です。http://www.un.org/en/events/yogaday/

 

2015年6月21日、ニューヨーク、パリ、ロンドン、北京、ニューデリー等世界の主要な都市だけでなく190ヶ国で第一回国際ヨガDAYのイベ ントが開催され、YOGAの恩恵を広げていく活動に取り組む一日として世界的に広がっています。

 

2019年は、古都奈良の地で1000人でヨガを行い、その様子が日本全国はもとより、世界各国に配信されます。

国際ヨガDAY関西とは

インド総領事の呼び掛けで、健康と平和、ヨガの普及と浸透を目指し、世界との繋がりを体感出来るイベントとして、2015年に神戸の相楽園で始まりました。2016年は大阪城公園、2017 年は京都の平安神宮、2018年は神戸のメリケンパークで開催し、西日本最大級の

ヨガイベントになっており、2019年は奈良の平城宮跡 朱雀門ひろばで「ヨガのある平和な景色」を実現いたします。

in 奈良のご案内

ヨガはインドで発祥した、人がよりよく生きる為の方法と言われています。さまざまな側面を持つヨガですが、元来サンスクリット語で「結ぶ・つながる」という意味があります。

 

かつて都があった場所:平城宮跡。元号が変わるこのタイミングで奈良にて、国際ヨガDAY関西2019in奈良の開催が実現しました。奈良でこのような大きなヨガイベントが開催されることは初めてです。

 

今回の国際ヨガDAY関西2019 in 奈良の1000人ヨガでは、1300年前もたくさんの人々でにぎわった祝祭の場である朱雀門ひろばで、国籍や年齢・性別を超え1000人で古よりご縁の深いインドで発祥したヨガを通し、さまざまな事象とつながれることを祝福したいです。

開催元の紹介

国際ヨガDAY関西 実行委員会

2015年秋、インド総領事の呼び掛けで、国際ヨガDAYの趣旨に賛同し、ヨガに携わる人達で発足したボランティア団体です。健康と平和、ヨガの普及と浸透を目指し、世界との繋がりを体感出来るイベントとして、2015年に神戸の相楽園で始まったイベントは、2016年は大阪城公園、2017 年は京都の平安神宮、2018年は神戸のメリケンパークで開催し、西日本最大級のヨガイベントになっており、2019年は奈良の平城宮跡 朱雀門ひろばで開催します。